未分類

黒人は100%ワキガ日本人は15%、少数派であるがゆえの苦悩を解決

ワキガである確率は人種ごとに異なり黒人では100%、欧米人90%、日本人15%、中国人5%となっているんですが、日本人が中国人よりもワキガが多いのは食生活の欧米化によって肉食が中心となったため、皮脂の分泌量が増えたことによりアポクリン腺が活性化したためと考えられています。

ワキガの独特な臭いはアポクリン腺から出る汗が原因ですから、アポクリン腺が活発であるほど臭いは強くなるんです。
アポクリン腺が活発になるのは遺伝や食べ物によるもので最終手段は病院ということになりますが、自分でできるワキガ対策をまとめてみました。

食べ物で対策

動物性の脂質をセーブする

アポクリン腺から出るニオイは脂質から作られているため脂質の摂取量に比例して臭いはきつくなり、肉や揚げ物、乳製品や卵などの動物性の脂質は特にアポクリン腺を活性化させますから注意が必要なんです。

香辛料を避ける

キムチやエスニック料理などの刺激の強い香辛料は、アポクリン腺を活性化させワキガのニオイを強くしてしまいますから出来るだけ食べないようにしましょう。

習慣で対策

わき汗をこまめにふく

わき汗をそのままにしておくと細菌により分解されニオイが強くなりますから、こまめにふき取ることが大切です。
アポクリン腺の汗はべたべたしているためウェット感のあるものでふき取り、雑菌の繁殖を抑えるため良く乾かす必要があります。

お風呂に入り清潔にする

湯船につかって柔らかいタオルでマッサージするようにしたり、石鹸で良く洗い清潔さを保つようにしますが、強く洗いすぎるのは逆効果ですから優しく丁寧に洗うようにしましょう。
可能であれば朝もお風呂に入り、寝汗をきれいに洗い流して清潔にしておくことはニオイの低減にかなり有効なのです。

まとめ

アポクリン腺は全ての動物が持っているもので欧米人では当たり前となっていますから気にならないのであればケアする必要はないという考え方もありますが、気配りが当たり前の国民性もありわきの臭いは気にしますし独特の匂いのワキガであればなおさらです。
最終的には薬の服用やレーザー治療によって完治させることができますが、その前に食生活や生活習慣の心がけで臭いを気にならないレベルまで抑えることは十分に可能ですからまずはセルフケアで試してみましょう。